光触媒で外壁塗装をした経験

エアー洗浄というのがうりでした

飛込営業さんが決め手でしたエアー洗浄というのがうりでしたローンは団体信用生命保険がかかる企業に頼むのが良いと思いますついに外壁塗装しちゃいました

周辺の家で塗装が決まった業者はそのまま近所を営業してまわりますが、近所の家がするということは、何かあった場合には一緒に苦情をいえるということでもありますし、情報交換も簡単です。
特に我が家の場合は子供の同級生の家でもあったので、学校で出会った時に営業さんの話を確認したり出来たのが大きいでしょうか。
2人の営業さんの態度、そして実際に作業をしてくれる職人さんと、かかわった方は多かったです。
お願いしたところは高圧洗浄はせず、エアー洗浄というのがうりでしたし、ペンキも手塗する方法で、一番高い光触媒でした。
普通のペンキでも良かったのですが、保証期間が15年であること、外壁の寿命は30年をこえること、また光触媒を使うという条件で足場代が無料というキャンペーンを利用して、決断したのです。
今やることで家の外側の傷みもストップ出来ますし、現在中学1年生の子供の受験にも重ならず、この家では実際に1回の塗装で済むというのが有難かったのですね。
一般的なペンキであれば8年後には再度塗装しなければならいようですが、今から30年後であれば家そのものが傷んでリフォームなり立替なりが必要でしょう。

連休最終日
明日から
家の外壁塗装工事…開始??

先ず…
車を2駅先の駐車場に移動!!
積んであった電動??で自宅に

山道1度も足を着くことなく
…到着!
やっぱり…♪最高だよ??

残念ながら
頼りの小梅…今日は授業??

さぁ~!やるよ♪

家周り片付け…??
緑のカーテン撤去から#驚きと感動リレー0923 pic.twitter.com/YK0WN17ISY

— majomama (@majomama) 2019年9月23日